グローブミュージアム‐日本手袋工業組合

スペーサー

手袋を縫う

  • 手廻し単環ミシン 手廻し単環ミシン
     明治の中頃から手袋を製造したのはすべてこの手廻しの単環ミシンであった。
     昭和初期には尋常高等小学校の3年生から5年生(8歳から10歳くらい)にかけて、この単環ミシンの縫い方を母親から習ったという。右手で回し、四角に裁断した布を片手で丸い指の形に縫うのは大変な技術を必要とする作業であったが、1日に5ダースは縫ったという。そして朝4時から夜遅くまで競争で縫い、夜なべ(残業)のために提灯を付けて行き来したそうである。
グローブミュージアム
  • 新一ミシン 新一ミシン
     新一ミシンとは明治33年(1900)に棚次辰吉が発明した軽便飾縫ミシンのことである。同35年に専売特許4185号を取得する。手袋の飾り縫いだけでなく、ハンカチの飾り縫いにも使われていた。
グローブミュージアム
  • 二重環縫ミシン 二重環縫ミシン
     単環に代わって登場するのが電動の二重環ミシンである。生地を二重に縫い上げるため、ほつれにくい特徴を持つ。また単環に比べ針の上下幅が大きく、厚地の物の縫製にも威力を発揮した。
グローブミュージアム
  • 一本マツイ縫ミシン 一本マツイ縫ミシン
     通常のミシンは針が垂直に動くが、このマツイ縫ミシンは針が水平に動き、上からかがっていく縫い方をする。輸出用ビニール手袋や薄手の革手袋の縫製に使われた。
  • 縫製作業 大阪手袋株式会社の縫製作業
    大正時代

     女性が縫製を行い、男性が飾り縫いを分担していた。棚には糸くりに用いる糸枠が並んでいる。
スペーサー